花押・花押印・印章・印刷・代理店募集・はんこアウトレット・武田流花押・山梨県・甲府市・韮崎市・蔵六・はんこニュース・蔵六ドットコム・モテギ株式会社・

はんこコンシェルジュ・花押 蔵六オフィスプロデュース

山梨県甲府市中央1丁目2番4号 浅草街共同ビル 1F A-1
受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

090-3243-8641

花押とは!

平安時代の昔から印章の代わりとして用いられてきました「書き判」の事で、これは自署(署名)が変化して生まれた日本固有のものであり、我が国が他に誇りうる唯一無二の文化であります。現在は、大臣が閣議の決済に署名するときにに用いられているほか、政界、財界、官界の方々や、風流を愛する方々に使われています。

具体的には、大臣を始め、国会議員、都道府県知事、市町村長、議員の皆様、また、各省庁、自衛隊、各団体等の上層部の皆様、宗教界、教育界、文化・伝統・技術の皆様、茶・華道等の家元、会社・各種企業体の代表者、役員、医者、弁護士、会計士、その他資産家など、各界のトップクラスにおられる人たちが用いるものとなっています。

 

花押の歴史   

花押の起こりは701年に制定された大宝律令にあると考えています。正式な文章に署名する方式が書かれています。
その署名方式には【官位、官職、姓、名】と書くように定められています。
ここで気が付くことは、官位、官職、姓までの筆跡と名の筆跡が違う点であり、名は丁寧に、本人の自署でしかも楷書体です。
この自署が時代と共に楷書体、草書体と変化して、花押と言われるようになります。
平安時代の中ごろより、偽書できないような、その人独特の癖のある草書体風の自署が流行するようになり、これが花押の始まりで、江戸時代の初めまで公文書、私文書に花押が使われました。
ここでは、各時代を代表する花押を紹介いたします。

 

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

080-7711-0431

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

山梨県甲府市中央1丁目2番4号 浅草街共同ビル 1F A-1 受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

ごあいさつ

茂手木蔵六
資格
  • 40数年の印章業界での経験、実績、人脈・・
  • 地域での65年間の、活動、経験、人脈・・・

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。