花押・花押印・印章・印刷・代理店募集・はんこアウトレット・武田流花押・山梨県・甲府市・韮崎市・蔵六・はんこニュース・蔵六ドットコム・モテギ株式会社・

はんこコンシェルジュ・花押 蔵六オフィスプロデュース

山梨県甲府市中央1丁目2番4号 浅草街共同ビル 1F A-1
受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

090-3243-8641

 武田流花押とは  

清水研石先生

花押には、個人の性格や時代が反映されます。武田流花押は一筆書きを特徴とし、他人に真似されない戦国時時代からの技法が伝わっています。

 

花押は自身の健康の願いや子孫の繁栄、先祖への敬意なども込められ、易経の思想などを取り入れデザインされます。

花押の発祥は、武田信玄が家臣の小池和泉守胤貞公に花押を管理する花押所を命じたことから、代々小池家に伝わりました。

 

清水研石氏は、第15代伝承者で近代文学研究者の故・小池藤五郎氏から武田流花押を受け継ぎ、今日、第16代武田流花押伝承者です。

 

武田流花押は一子相伝であり、現代まで確立された一つの形で現代まで守られてきた唯一のものです。

 

 

武田流花押の意義
 

室町幕府末から江戸時代前までが花押が非常に重要視された時期でありました。
この時代、今の印章と同じく、花押の持ち主だけでなく、一族の生命財産と生活圏までもが花押一つにかかっていた時代でした。

 

 

そこで他人に真似されないことが重要な点でした。
この安全性を証明するために武田信玄は花押所を命じました。

 

武田流花押には易経の思想が入り、神仏、先祖を最も重視し、親や先人達を大事にすることを前提に、とりわけ、親から受けた体を大切にする心を培う線、自他との約束を重視する線、所領(収入)、眷属、安定性、という考えを花押自身の中に取り入れ、更に、花押主の願いが叶うように進展していくように配慮を加えて作られるのが武田流花押です。貴方自身の可能性の為にも、人間性豊かな人生を送る為にも、日本の文化に触れる事にもなります。

 

武田流花押は、文字の決定をし、文字の意味を調べ、書体を選びます。
その後、一子相伝の武田流花押秘伝書による・・・謹考をし、第16代武田流花押宗家、清水研石先生が心をこめて作成します。

 

武田流花押では、鎮座壇、信義線、眷属線、所領線、寿命線、隠密線という、一筆一筆の線に意味と願いが込められています。各部のこれらの線は易経の知恵が取り入れられ、五行、思想や数理による吉数も取り入れられており、宗家の直筆による花押は、一点一画に至るまで均衛と調和がとれ、その筆致には勢いが溢れ、まさに芸術的ともいえる格調高いものです。

 

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

080-7711-0431

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

山梨県甲府市中央1丁目2番4号 浅草街共同ビル 1F A-1 受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

ごあいさつ

茂手木蔵六
資格
  • 40数年の印章業界での経験、実績、人脈・・
  • 地域での65年間の、活動、経験、人脈・・・

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。